iPhoneの歴史を振り返る

iPhone 5と5s

2012年9月にリリースされたのがiPhone 5です。これまでのiPhoneは3.5インチのディスプレイでしたが、iPhone 5から4インチの縦長ディスプレイとなっています。さらに、薄型かつ軽量化が行われており、よりスムーズな操作が可能となりました。アイコンもより多く表示させることが出来ます。

そして、何よりの機能は4G回線でしょう。これはLTE高速通信と呼ばれており、これまで以上に多くのデータのやり取りが可能となりました。さらに、大量のデータのやり取りが求められるようになったことから、Lightningコネクタが採用されています。これまでのDockコネクタよりも小型になっており、表裏を気にせず挿入することが出来るのです。

また、そのほかにCPUとグラフィック処理性能も向上しており、iPhone 4sと比較すると最大で2倍の処理が可能となっています。そして、2013年には後継機であるiPhone 5sもリリースされました。

こういった進化によってiPhoneはひとつのブランドとして確立されたのです。現在はさらに多くの機能が追加されており、多くのユーザーを獲得しています。そのため、iPhoneは世界中から最も注目されているスマートフォンのモデルと言えるでしょう。