iPhoneの歴史を振り返る

iPhone 4と4s

2008年7月にようやく日本上陸を果たしたiPhoneですが、たちまち日本で大ブームとなりました。そして、iPhoneだけでなくAndroidなども人気となっており、現代人にとってスマートフォンは当たり前という時代となったのです。そして、iPhoneのさらなる進化が望まれるようになり、2010年6月にiPhone 4がリリースされました。

iPhone 4はさまざまな機能が追加されていますが、中でも目玉となったのはRetinaディスプレイでしょう。これは超解像度ディスプレイのひとつで、これまででは考えられないような美しいディスプレイとなったのです。これによって多くのユーザーを獲得したのです。さらに、LEDフラッシュライト機能付きのカメラ、ビデオ通話が出来るFaceTimeなどの機能が追加されました。さらに、ジャイロセンサやHDビデオ録画、マルチタスク対応などの進化が見られたのです。

そして、さらに進化したiPhone 4sもリリースされました。こちらのモデルで目玉となっているのはSiriでしょう。これは音声によるアシスタント機能で、音声から入力することで操作のサポートが出来るようになったのです。さらに、グラフィック処理能力も大幅に向上されました。